転職時の注意点

転職で失敗しない為に気をつける事

転職で気をつけるポイント

せっかく転職をするのであれば、今の医療機関よりも自分の希望に合った医療機関へ転職したいと思うのは当然である。

医師だけに関わらず転職をする際に気をつける注意点はいくつもある。
どんなに多くのことに気をつけたとしても、絶対に失敗しない方法というのは存在しない。
ただし、事前に気をつけるべき点を注意して転職に臨めば失敗の可能性は低くなるものだという事が今になって感じることである。

転職をする際の条件として、勤務内容、給与などはじめ、専門医の取得、当直の頻度、勤務地への通勤方法、病院の方針、医療機関内の人間関係、など多くの要素が考えられる。

どの条件の優先度が高いのかをしっかりと決めて転職先を吟味すべきである。

何もかも、100%理想とする転職先を探すことは難しい可能性が高い。
自分が最も優先する部分だけは絶対に外さず、転職先を決めて行くことが失敗しない転職で最も重要なことであると言える。

転職サイトの選び方と活用法について

転職サイト

世の中には医師の転職を支援してくれる医師転職のエージェントが多数存在する。
エージェントの仕事は、失敗しない病院選びを手助けすることである。

転職を考えている医師だけで自分にあった病院選びをすることは簡単なことではない。
WEBサイト等に掲載されている情報だけで医療機関を判断することも難しい。

そこで、病院選びを失敗しないためにもこういったエージェントをうまく使うことが良いだろう。
病院選びを日々仕事として行っているエージェントに任せれば、勤務内容だけでなく、その他いろいろな条件が近しい医療機関を選別して紹介をしてくれる。スクリーニングを彼らに任せる訳だ。

もちろん、紹介されたからといってその医療機関に転職先を決めなければいけないという事はない。
しっかりと面談、面接を行ったそのうえで転職をするかしないかを決めればよい。
そのための一つのツールとして医師転職エージェントを使うのがよいだろう。

あなたの目指す目標は?

今、転職を何のためにするのか?
あなたは将来どの様な医療機関で働きたいと思っているのか。

それをまず考え直すべきである。
今の医療機関に勤め続ける事でそれが達成されるのか。
医局人事だけでその目標が達成できるのか。

理想の給与、理想の勤務内容、理想の将来像を今のままで手に入れる事が出来るのか。

自分の将来像をしっかりと見据えたうえで今後どうしていくのか。
向こう5年、10年をどう過ごすべきか決めるべきである。

そうする事によって、おのずと転職時期は見えてくる。
現状に流されて時期を1年遅らせるだけで、自分に合った転職先を多く失う事をしるべきである。
取り敢えず1年という無駄な時間を過ごさないことが目標を達成する大切なポイントであり、転職を考える時の注意点でもある。

転職後の病院に求める条件を洗い出そう

スタート

そこで、まず転職後の病院に求める条件をしっかりと正確に洗い出すことである。
転職後の病院に求める条件はなんなのか。

・高い給与
・専門医取得
・スキルを活かした仕事が出来る事
・自分の考えと合う方針の合った医療機関で働くこと
・当直、休日などの勤務条件

など様々な条件が考えられる。
複数の条件や転職理由が確実にあげられるであろう。
どの考えで転職するのも個人の自由である。
自分の理想の将来につながる転職をせずにすべてを我慢して勤務し続けることは愚の骨頂である。

自分の理想の将来の為に、然るべき時期に自分で職場選択をできる転職を経験した方が良いと考える。
この無駄に迷っている数年は確実に時間とタイミングを無駄に浪費してしまう。
この部分は成功する転職をしたい医師にとっては大きな注意点である。

この際の注意点としては、上記にも述べたが、譲れない条件だけを確実に押さえて転職先を探すべきである。
結局100%理想通りの医療機関など存在しない。

勤務内容なのか、収入なのか、勤務地なのか、その他の条件なのか、まず転職の際にもっとも重要視するもの、優先順位をいくつか決めてその優先順位の高い条件を満たしている医療機関から当たっていくべきだ。
そうすれば理想に近しい医療機関が必ず見つかるはずである。

あるはずもない、100%理想にぴったりの転職先を自分で少しずつ探し、のらりくらりと条件も絞らぬままやっているうちに、のっぴきならない事態が発生してからギリギリになって慌てて転職をしようとする医師が多いから、転職を失敗する例が増えるのである。

結局の所、転職を失敗しないコツは上記の注意点を気をつけて、早め行動に移すことである。