転職のタイミング

転職を考える時期・タイミングはいつ?

医師は一般的に3回~4回転職をするのが一般的であるといわれている。

一番多い時期やタイミングとしてはやはり医局を辞める時になる。
医学博士の称号を得た時、専門医の資格を取得した時などが一番多い時期であると言える。

医局を辞める事は簡単なことだとは言えないが、しっかりと自分の意思を伝えれば認められないという事はない。

少し時間がかかる事もあるが、しっかりと事前に準備をしていれば問題ない。

また、一年のうちに転職する医師が多いのはやはり4月であろう。
準備の時期を考えると年末年始あたりから具体的な動きに出る医師が多い。

ただし、しっかりと準備をする医師としては実は6月~8月なのである。
やはり早めに転職活動を始める医師ほど自分の希望の医療機関に入れるケースが多い。
最終的な転職の日程がどうなるかも大切ではあるが、まず先に動き始めることが最も重要である。
転職のタイミングを考えて、そこから逆算して準備を行う事が必要だ。

転職の目的は資格?キャリア?年収?

資格?キャリア?年収?

転職の理由はドクターによってそれぞれであろう。
専門医などの資格を取る為、キャリアアップのため、年収をあげるため、勤務体系を改善したいため。
どれも医師として当然の考えであろう。

どの様に考えるのが妥当で、何を最も優先に考えるのかは医師それぞれの考え方でどれも間違えていない。

ただ、どの目的のための転職であったとしても、タイミングを見誤ると今後の医師人生がやりやすくなるか、大変になるか。
また、自分の考えるキャリアプラン通りに進められるかどうかが決まってくるといっても過言ではない。

どの目的での転職だったとしても、その点はしっかりと考慮した上で転職のタイミングを見計らい、実行すべきである。

転職のタイミングはいつが良いのか?

転職のもっとも正しい時期やタイミングはいつなのか。
将来のことを考えると年齢が過ぎない間に転職をしたいと思うだろう。

これも実は転職を決めるタイミングを見計らう上で重要である。
転職先で実務を始めるのは4月からと思っている医師も多いかもしれないが、決してその時期だけが転職のタイミングではない。

医療機関が医師を募集しているタイミングがある意味いいタイミングであると言える。
転職エージェントなどは常に多くの紹介先の医療機関を持っているので、登録している場合などはエージェントに問い合わせればよいが、そうでない場合は自分自身で探さなければならない。

そうなると公開している案件を探すことになるが、やはり多い時期というのは存在する。
当然、人事異動が多い4月の時期。この時期はもっとも案件が多いが、この時期から探し始めては乗り遅れてしまうので、12月や1月からしっかりと医療機関をチェックしなければならない。

またそれ以外にもボーナス時期の少し後は案件が増える傾向になる。
これはこの時期に転職を考える医師が多いので医療機関もその期を狙って案件を出しているのである。

転職を考えたその瞬間から転職のタイミングではあるのだが、こういった時期は案件が多くなるので、リサーチは怠らない方がいい。
またこういう時期は転職を考えるどの医師もアクションを起こしているので、迅速に行動することもとても重要である。

医師としてどのようなライフプランを描くかが重要

医師のライフプラン

長々と説明をしたが、結局一番大切なことはなぜ転職をしたいのか。
それをしっかりと明確にしたうえで、考えることが大切です。

転職を考える医師たちの中で現状から抜け出したいという理由だけの医師もいる。
こういう理由だけで求人情報を探して転職する人の多くはいい転職が出来なかったという医師がまわりをみていても多い。

現状から抜け出したいという動機がダメなわけではないが、将来医師として、どの様なライフプランを描いて、そのための転職でないと成功する可能性は非常に低い。

だから、転職をしようか、いまいか悩んでいるまさにそのタイミングの医師はもちろんがら、そうでない医師にとってもまずは先の5年10年20年のライフプランを明確にすることを強くすすめる。

ちなみにおっさん循環器内科医も転職のタイミングで失敗したくちなので偉そうな事は言えないが・・・