給料明細

転職の際に給料を上げるポイント

給料を上げるポイント

実際に転職をすれば医師の給料は必ずあがるのか?

年収・給料アップの為に転職を考える。という医師は少なくない。
では、実際に転職先で今の勤務先の給与よりも高額な給与をもらうためにどうすればいいのか?というポイントを紹介してみようと思う。

基本的には以下の2つである。

・そもそもの基本的な待遇が違う医療機関を探す
・年収、給料条件の高い好条件非公開求人を医師転職エージェントに紹介してもらう

一つ目の「そもそもの基本的な待遇が違う医療機関を探す」であるが、例えば、地方やいわいる僻地で医師が集まりにくい地域の医療機関などは都市の医療機関よりもそもそも年収面など待遇を高くしているケースが多い。
もちろん、それ以外にも何らかの理由で年収や給与などの待遇が高くなっているケースもあるだろう。
それら好条件の医師求人を狙って転職をするという方法である。
そうすれば特にキャリアアップせずとも高額な給与をもらうことが出来る。

二つ目の「年収条件の高い好条件非公開求人を医師転職エージェントに紹介してもらう」方法であるが、実際に多くの医療機関が非公開で医師を募集している。
この種の医師求人は給与が高いケースが多いので、これもキャリアをつまなくても今のスキルのままで年収を上げる事が出来る。
もちろん、正攻法で年収・給料を上げることをおっさん循環器内科医としてはおすすめをするが、そういう方法もあることは知っておくとよい。
ただ、この種の好条件医師求人を医師が個人的に探すのは難しいのでその場合は医師転職エージェントの会社に登録などをすることをおすすめする。
そうすれば自分で動かなくてもそういう医師求人を紹介してもらえるだろう。
自分で給料アップの交渉をするという面倒臭い事をせず、エージェントが給料アップの交渉をうまくやってくれる。

年齢とキャリアと年収の関係

年齢とキャリアと年収の関係

医師であれば誰でも経験しているが、ほとんどの病院では医師の年齢と経験年数で年収が上がっていくものである。

ただ、そうはいっても、年俸契約で同じ医療機関に所属しているとなかなか年収が上がらないケースなどもある。
その場合年収を上げるには、給与アップを交渉するか、転職をするかという事になるだろう。

数年間同じ医療機関で働いて年収が一切上がっていない場合、転職すると簡単に年収・給料がアップすることもあるので、色々と調べてみるのもよいだろう。
むしろ調べるべきである。

なぜならこの手の情報は転職をしなくても、給与アップの交渉材料にもなるので無駄になることは少ないからである。

医師の高額年収と言われるのは年収いくら?

医師の平均年収は1000万円~1200万円だと言われている。
その中で高額年収といわれる年収は2000万円以上であるとおっさん循環器内科医考える。

院長副院長クラスであれば平均的に1800万円~2500万円くらいの年収を取っているのが普通だと思うが、役職のない医師で2000万円以上の年収の医師は医師の中でも高額年収を取っていると言っても過言ではないと思う。

年収を上げるにはそういう高額年収を出してくれる病院の医師求人を探して、転職すればよいのだが、自分の科目で、更に勤務したい地域で2000万円を超える医師求人を探すことは簡単ではない。
この場合は自分だけで探すよりも信頼できる医師転職エージェントに登録をして高額年収の医師求人案件を紹介してもらう方が効率のいいやり方であろう。

自分のペースで探すと言って、ゆっくりと探している医師が高額案件を見つけて転職できたというケースは正直少ないという実感だ。

給料?働き方?それとも両方?転職の際に重視する事を決める

医師の人生設計

転職を考える際に大切にすることは医師それぞれたくさんあるだろう。

年収、勤務内容、キャリアアップ、職場環境。

ただ、全ての条件を満たしている医療機関を探すことは困難である。
基本的にそんなところはないと思って転職先を探すことをおっさん循環器内科医は強くおすすめする。

その際には自分が転職の際にもっとも重視することを決めなければならない。

大切なことは、給与を上げる事なのか、キャリアを最も重視するのか。
それとも勤務内容を自分に合ったものにすることを第一優先にするのか。

それを、まず第一に決めて転職先を探すことが医師が転職を成功させるうえで、最も重要な秘訣であると言えるだろう。

それを無しに探していると絶対に希望する医療機関は見つからないと敢えていっておこう。
給料や年収アップだけの目先に囚われてしまうと、私のように後から転職で失敗したと思うような事もでてくるかもしれない。